トップページ住宅建築コーディネーターとは各専門分野で活躍する資格者たち女性・学生・その他 > インタビュー

各専門分野で活躍する資格者たち

女性・学生・その他 インタビュー

川北睦子さん
住まいづくり支援のNPO法人理事長
川北 睦子 さん(三重県)
資格取得年月2012年1月
試験対策の方法認定講習
ー 住宅建築コーディネーター資格を取得しようと
思ったのはどうしてですか?

私は2002年から住まいづくり支援活動を行ってきていました。その中で分かってきたことがあります。
家づくりで後悔する人が減らない理由は「相談する場所が無い」からだという結論に達しました。
住まい手は何千万円という事業に挑むにあたり、自身に知識もなく、勉強する場所もなく、相談相手もいない今の日本の住宅業界の中で、この資格を持った人が「第三者」の立場として施主(住まい手)側をサポートすれば、業界内に新しい風を吹かせられる可能性を感じたから。

ー どのような勉強方法で試験対策をされましたか?

元建築士ですので、建築の知識はありましたが、現場から離れて時間が経っており、記憶も薄れてきていました。
また、住宅ローンや相続に対する知識が全くなかったため、JKC協会主催の認定講習を受けて挑みました。

ー 現在どのように資格を活かされてますか?

メインはホームページによる情報発信ですが、四日市の中心地に「すまいの相談室」を開き、住まいづくりで困っている人の相談(無料・有料)を受けています。
中古住宅の購入や間取りチェックなどが多くなっています。
また、当団体の正会員や賛助会員に協力いただきワークショップや勉強会、出張相談なども開催しています。
また、最近では私自身が各地で企業様が開催される家づくりセミナーの講師として、ご自分やご夫婦に合った住まいがわかる独自のワークショップを取り入れた「女性建築士がこっそり教える”本音の女性目線の家づくり”セミナー」の講師として呼んでいただくようになり、参加者の方から「自分のことが分かりました!」「帰って主人にもやってみます!」「やるべきことが分かりました!」と嬉しい声を聞いています。
今後は、地域の住宅建築コーディネーターや建築士などの資格は持っているけれど活かせていないという女性たちとネットワークを組み、より広く相談を受けられる体制を整えると共に、地域の企業と連携し、住まいで困っている人たちのための事業をスタートする予定です。

資格取得講習
住宅建築コーディネーターとは
資格取得講習
このような方におすすめ
お問い合わせ
よくあるご質問
住宅建築コーディネーター行動規範
各専門分野で活躍する資格者たち
住宅建築コーディネーターのいるお店全国一覧
資格者専用オフィス&セミナースペース 住みか 御堂筋
住宅建築トラブル時のADRとは?調停人研修のご案内
不動産蓄積データ活用型営業支援ツール 土地BANK
複合機の革新的大幅コスト削減
住宅建築コーディネーター協会は障がいをお持ちの方の資格取得を応援しています

ページTOPに戻る
アイコン法人概要  アイコンサイトポリシー  アイコンプライバシーポリシー  アイコン特定商取引法による表示
トップページ住宅建築コーディネーターとはJKC行動規範活躍する資格者このような方におすすめ資格発行のしくみ特別団体講習お支払い方法と流れ受講者の声よくあるご質問お問い合わせ